女性の薄毛が増加?その背景にある問題と具体的な抜け毛対策2つ

最近ではとくに男性だけでなく女性でも薄毛で悩む人が増えてきていると言われています。

その背景には食生活の変化やシャンプーに対しる間違った認識などさまざまなものがありますが、そのなかの一因として一番初めのケア方法、手当が間違っているということが挙げられます。

初期手当のミスが、よけいに症状を悪化させ、よけいに改善をこじらせているケースが目立ちます。

結果的にさらに薄毛は進行するばかりで、得をするのは育毛メーカーやシャンプーメーカー、あとはお金もうけを第一優先にしている育毛サロンだけです。

”育毛サロン”はとくに注意が必要です

薄毛外来のある病院、クリニックなどは別としても、専門医がいないような育毛サロンはとくに要注意です。

○○アドバイザーなどと聞こえの良いような肩書きで権威づけはしていますが、治療の中身はお粗末なものが多いのが残念ながら現状です。

さらに、お粗末だけならまだしも、中には薄毛の進行を加速し、最終的には高額なカツラなどを進めてくる悪徳業者もあるくらいです。

 

また、経験や知識の浅い皮膚科などでは、女性でも男性のAGA(男性型脱毛症)と同じような治療方針や治療薬が出され、結果的に回復せず時間を無駄に浪費してしまうケースもあるようです。

基本的に男性と女性の薄毛原因は異なるので、治療法はまったく同じではないケースがほとんどです。医薬品に関しては女性は服用禁止のものもあるくらいですから。

できれば専門医に相談する場合は、普通の病気と同じように、よく言われるセカンドオピニオンやサードオピニオンを持つくらいの気持ちの余裕があった方がいいですね。

自宅での予防ケアには育毛剤が最適

本格的に薄毛が進行している人は病院で治療にあたったほうが改善は見込めますが、予防ケアや現状維持レベルを望むならば市販の育毛剤が最適です。

副作用などの症状もなく安心安全に育毛促進が可能です。

男性用と女性用の育毛剤がわかれて売られていますが、中には男女兼用のものもあります。

例えば、最近発売されたもので注目されているのがREDEN(リデン)という育毛剤で、リデンシルという育毛成分が含まれていてこれは男女ともに抜け毛ケア、育毛ケアのサポートとして良いとされています。

人によって合う合わないはもちろんどんな育毛剤でも同じなので、まずは口コミや評判を調べてから納得したうえで自分で試してみるのが一番ですね。

最近では返金保証などがついた育毛剤も多いので、そういった制度をうまく活用しながら試されるといいですよ。

 

コメントを残す

CAPTCHA